欠けたり、失った歯を補う補綴(ほてつ)

診療案内

補綴

自然で審美性の高いオールセラミックシステムを導入しております。

補綴とは歯が欠けたり、失われてしまった部分をクラウンや入れ歯などの人工物で補うことをいいます。
当院ではCAD/CAMシステムを導入。審美性の高い丈夫な補綴物を制作いたします。

プロセラ・システムの詳しい説明はこちらから

術  前

術前

術  中

術中

術  後

術後

入れ歯

歯がなくなったところをどうやって補うのか?

インプラントやブリッジなどがありますが入れ歯は適応できる範囲が広く、またしっかり合ったものであればよく噛むこともできます。

総入れ歯

歯がすべてなくなってしまった場合など食事を楽しむことはできません。そのような場合、患者様の歯ぐきの型から患者様に合った入れ歯を作ることができます。

部分入れ歯

抜歯などの後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させるものです。1本だけ失った場合でも、1本しか歯が残っていない場合でも幅広い適応が可能です。ブリッジに比べ周りの歯を削る量が少なくてすみます。

入れ歯の種類

金属床義歯

金属床の「床」という言葉は、土台となる部分を指しています。この「床」を金属で作るか、レジン(プラスティック)で作るかで大きく変わってきます。金属床は、高い強度、さらに床の厚みを非常に薄くすることが可能なため、違和感を減らしたりレジン床に比べ喋りやすくなるということが期待できます。

レジン床義歯

基本的に保険を適応することができますので、安価で作ることができます。破損時の修理が比較的簡単であるという特徴もあります。

ノンクラスプ義歯

金属の止め具を使わず(ノンクラスプ)、代わりに弾性素材で入れ歯をフィットさせます。

この他にも様々な入れ歯がありますのでご相談ください。