通院が困難な方へのサポート

診療案内

訪問治療

通院するのが困難な患者様に対して、訪問診療を行っております。

口腔保健、咀嚼機能は、肺炎、糖尿病などの内科疾患、老化認知症など、体全体の健康に、密接に関連しています。その中でも、口腔ケアにより、高齢者の肺炎を、確実に下げられる事が、明らかになりました。

天野歯科医院では、歯科医師と歯科衛生士のチーム医療により「おいしく口から、食べる」、「口腔ケアの実践」を目標に、歯科医師、歯科衛生士による在宅、訪問診療を行います。

患者様の健康状態、全身疾患の把握のために、かかりつけ医、訪問看護士さんとの連携を図り、ご家族の協力の下で、以下の内容を中心に行います。

①口腔ケア
ご家族の方にも、確実に無理なく口腔ケアができるように、手技、器具、注意事項を指導し、定期的に歯科衛生士による清掃を行います。
②摂食、嚥下障害に対するアドバイス
年齢の増加とともに嚥下(食べ物を飲み込む)の能力も低下し、食べ物がうまく飲み込めなくなり、肺のほうへいってしまうと、誤嚥性肺炎などの危険性が増えてきます。そのために機能訓練、食事の方法、内容等をアドバイスします。
③一般的な歯科治療
入れ歯の調整、歯の治療を無理なく在宅できる範囲で、対応いたします

<実際の症例〜清掃前と後〜>

歯の掃除により、食べかす・歯垢がとれ、歯茎の赤み・腫れがひき、きれいになりました。

要介護高齢者の口腔内の様子
<舌が汚れています>

舌背(舌の上)に苔が付着している事が多々あります。舌苔は微生物の温床であるだけでなく口臭の原因です。

<入れ歯が汚れています>

口から取り出したばかりの入れ歯です。全体的に汚れています。ここには微生物が繁殖しています。きれいな入れ歯は赤〜桃色です。

<歯肉が腫れています>

汚れた入れ歯、腫れた歯肉、長い間はめたままの入れ歯がある場合、不潔になった入れ歯が周りの歯や粘膜を痛めています。

<食べかすがたまっています>

麻痺がある場合、十分清掃されにくく、麻痺した側に食べかすがたまっている事があります。

<歯垢がついています>

赤く染まっている部分が歯垢染色液で歯垢(微生物の塊)を染め出してみました。歯が全体的に汚れているのが良く分かります。

◆訪問診療の受診の仕方

先ずは、ご連絡下さい。ご家族の方に、診療室に来て頂き、お話を伺います。かかりつけ医の先生との密接な連携のためにも、全身の情報そしてどのような問題があるか、優先順位を含めご家族の方と相談させて頂きます。その後、歯科医師が訪問して、患者様との問診そして診断をし、無理なく、診療ができるようにコミュニケーションをとります。

訪問の回数、内容等、ご家族の皆様の要望もお聞かせ下さい。保険診療の費用は、月末に診療室にて清算させて頂きます。