クリーンな専用オペ室とCTで安全確実なインプラント治療

診療案内

インプラント

クリーンな専用のオペ室で、治療を受けることができます。

CTでの診断により安全確実な治療が可能となりました。

オペ室

オペ室

院内の詳しい写真はこちらから

CT撮影室

インプラントとは、失ってしまった歯の顎の骨の中にチタニウム製の人工歯根(インプラント)を埋めて、抜けた歯の代わりとして以前のように使えるようにすることです。

オッセオインテグレーテッド・インプラント

Nobel Biocare

ASTRA TECH

いくつもの種類のインプラントが存在しますが、現時点で多くの歯科医師が支持している分類のものとして「オッセオインテグレーテッド・インプラント」と呼ばれるものがあります。
当院ではブローネマルクシステムとアストラテックインプラントのシステムを採用しています。


術前

術後

基本的な形状としてチタニウムでできた直径3〜5mm、長さが8〜20mmの筒状のものです。これを顎の骨の中に埋入して天然の歯根に替わる、人工歯根として用いるわけです。骨の中に入れる部分(フィクスチャー)と実際に人工の歯を装着する部分(上部構造)は、分離しているのが一般的です。

これは、スウェーデンで開発され,既に30年以上の歴史がありますし、全世界で臨床応用されています。しかし、十分な注意をもって適用しなければ,当然失敗症例の発生するリスクも上がります。しかし、リスクを取らなければ利益も得ることが出来ないのはいうまでもありません。

この場合の利益とは可徹性の義歯を使うことなく、固定性の人工の歯で、天然歯と同等に噛むことが可能なことです。


インプラントの利点

  • ・使用感が天然の歯に近い。
  • ・残っている大切な歯を削ったり、力学的な負担をかけたりすることが少ない。
  • ・基本的に元の歯に近い状態にすることを前提とした治療である。

インプラントの欠点

  • ・入れ歯やブリッジの治療と比較して適応症が限られる。
  • ・治療期間が長い。
  • ・外科手術を受けることになる。
  • ・健康保険外のため、経済的な負担がある。

インプラント補綴(上部構造含む)は1本40万円から治療を行っております。
歯の状況によって、費用も患者様一人一人異なります。まずはご相談ください。

インプラント治療の手順

1.診査・診断
1.診査・診断

患者様の主訴と現在のお口の中の状況を検査し、分析して、
まず、インプラント治療が可能かどうかを診断します。

・主にどの歯が失われているのか?
・骨の状態はどうか?

などがポイントとなります。
当院ではデジタルCTの撮影と解析ソフトノーベルクリニシャンを使用。3D診断と治療計画に基づいたガイデッドサージェリーによる安全なインプラント治療を心がけています。

※当院でCT撮影ができます。

2.治療計画の立案とコンサルテーション
2.治療計画の立案とコンサルテーション

歯科医師が診断した結果に基づいて治療計画を作成し、それを患者様に提示します。

・何本くらいのインプラントを埋入したらよいか?
・どんな処置が必要になるのか?
・インプラント上部に装着する人工歯の形態はどれにするのか?
・期間はどのくらいになるのか?
・治療費用はどのくらいになるのか?

などを説明して、患者様の理解と了承を得ます。

3.インプラントのための前処置
3.インプラントのための前処置

もし、すべての歯が喪失していないのであれば,残された歯の治療を行います。

具体的には口腔衛生の向上、歯周病の処置、むし歯の処置、抜歯、矯正歯科治療などがこれに該当します。

4.インプラントの埋入手術
4.インプラントの埋入手術

▲オペ室

専用のオペ室で行います。

インプラント手術時は専用のオペ室で完全滅菌を施した器具を使用して安全に、そして安心して手術を受けていただきます。
お口以外の身体全体は滅菌布で覆われますので、洋服の汚れる心配もございません。

前処置が終了した時点で、インプラントの埋入手術を行います。顎の骨の中にインプラント(フィクスチャー)を設置したのち、数カ月から半年ぐらい静かに待ちます。この期間を通じて顎の骨とインプラントが強固に接合します。一般的に手術当日のみの軽い手術ですむことが多いです。

▲自動血圧計にて管理を行い
ながら手術が開始されます。

▲笑気ガスによる
鎮静麻酔も行います。

5.架工義歯(上部構造)の連結
5.架工義歯(上部構造)の連結

最初に、フィクスチャーと人工歯を連結するアバットメントと呼ばれる継ぎ手のようなものを装着します。歯肉の治りを待って、架工義歯(上部構造)の型を採ります。適合性を確認し、天然歯に合わせた色で待望の歯が装着できます。

6.メンテナンス
6.メンテナンス

装着されたインプラントは、問題がおこれば、除去しなければならなくなります。その悲劇をさけるためにも必ず、定期的な検査とメンテナンスと呼ばれる治療が欠かせません。これは、大切な天然の歯にも言えることです。

▲TOPへ戻る